1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/

テレビ朝日系の人気ドラマ『相棒』に、かなりディープなハロー!プロジェクトネタが盛り込まれていたと、ネットで話題になっている。

以前からハロー!プロジェクトの女性アイドルの名前が登場人物に使われることが多かった『相棒』。
それらハロプロネタが盛り込まれていた回の脚本は、脚本家の真野勝成氏が担当しており、ネットでは真野氏のこだわりなのではないかと言われていた。

そんななか2月22日に放送された真野氏の脚本による『相棒15』第16話「ギフト」は、これまで以上にたくさんのハロプロネタが投入されていた。

まず、シーズン14の第12話にも登場した殺人事件の被害者「矢島さゆみ」がこの回にも登場。

「矢島さゆみ」は、℃-uteのリーダー「矢島舞美」と元モーニング娘。「道重さゆみ」の名前を組み合わせたものと思われる。

ほかにも、この回では、ハロプロ研修生の「段原瑠々」を想起させる「段原」やBerryz工房の「徳永千奈美」を想起させる「徳永」というキャラクターも登場している。

さらに、物語のなかで赤いフリージアの花が出てくるのだが、これはハロプロ所属のアイドルグループ「メロン記念日」(2010年に解散)のシングル曲に「赤いフリージア」という曲があるのだ。

また、この曲は道重さゆみがオーディションと卒業コンサートでも歌った曲として知られている。

しかも、放送された2月22日はメロン記念日のメンバー・柴田あゆみの誕生日であり、その2月22日の“誕生花”が「赤いフリージア」なのだ。

ただ単にハロプロメンバーの名前を使うというだけでなく、かなりディープなカラクリが仕込んであった今回の『相棒』。ツイッターでは、

「今日の相棒もハロプロ感強すぎ(笑)段原まで出てきた(笑)」
「相棒のハロネタに反応し過ぎて、本編がイマイチ頭に入ってこない。← 録画しててよかった・・・」
「『相棒』ハロプロ回。中盤まで今回は『赤いフリージア』どまりかー!ってしょぼんってしてたら突然の『段原亮』! まさかハロプロ研修生で来るとは!

亮は北川亮(註:ハロプロ研修生北海道のメンバー)さんなの?」
「相棒 赤いフリージア 柴田あゆみ誕生日 狙ったなハロヲタ脚本w」

などと、ハロプロネタを見つけては喜ぶハロプロファンもたくさんいたようだ。

どんどんディープになっていく『相棒』のハロプロネタ。

次回、真野勝成氏が脚本を担当する際に、どんなネタが投入されるのか、ハロヲタたちからの注目度も高まりそうだ。

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)
[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)